<国際シンポジウム全記録>

独・瑞・米における救急ヘリ運用の実態

―― 目 次 ――

 

 HEM-Netでは去る1月末、ドイツ、スイス、アメリカからヘリコプター救急の第一線に立つ専門家3名を招き、2日間にわたって国際シンポジウムを開催しました。その全記録をここに掲載します。構成は下記のとおりです。

 

HEM-Net国際シンポジウム

独・瑞・米における救急ヘリ運用の実態

――ヘリコプター運航費の負担のあり方を中心に――

 総 括

 ドイツ・スイス・アメリカにおける救急ヘリ運用の実態

 開会挨拶

 費用負担問題を克服してヘリコプター救急の普及を図るために(國松 孝次)

 基調講演

 ドイツ航空医療システムの財務問題(ズザンネ・マツケアール)

 基調講演

 スイスのヘリコプター救急と経費負担(ヴァルター・シュトゥンツィ)

 基調講演

 アメリカの航空医療搬送費(ケビン・ハットン)

 パネル討論

 独・瑞・米の実態を踏まえて(谷口 隆、福田祐典、上関克也ほか)

 フォローアップ討議

 保険制度とヘリコプター経費

 添付資料

(HEM-Net、2006.6.27)

トップページへ戻る