<FARE>

ヘリコプター救急の未来

 

 この文書はアメリカ航空医療研究教育財団(FARE)の "Air Medicine: Accessing the Fture of Health Care"にもとづく要訳です。もとより同財団の了承を得て作成したものですが、その概要については別に説明するとおりです。

 ここに、下記のとおり、順次掲載してゆきます。

―― 目 次 ―― 

はじめに

 空飛ぶ集中治療室
 不可欠な要素

アメリカ航空医療の歴史

 負傷兵の救護
 交通事故に応用
 ヘリコプター救急の成長

航空医療の基本的な任務

 ゴールデン・アワー
 迅速で高度な治療
 治療開始までの時間短縮
 完全な救急体制の実現
 ヘリコプターの救急効果
 へき地医療に重要な役割

航空医療の新たな任務

 一般的な任務
 心疾患治療と心臓発作
 脳卒中と脳発作
 妊娠合併症
 小児患者
 複雑な外科・内科疾患
 集団災害と国の準備態勢

航空医療の当面する課題

 費用と費用効果
 航空機の適切な利用
 飛行安全の確保
 防災計画への組み入れ

航空医療の発展のために

原著名と著作権

Air Medicine: Accessing the Future of Health Care
A Public Policy Paper by the Foundation for Air-Medical Research and Education

Copyright c 2006

Foundation for Air-Medical Research & Education (FARE)

526 King Street. Suite 415
Alexandria, Virginia 22314-3143 USA
Telephone: 703-836-8732
Facsimile: 703-836-8920
http://www.fareonline.org

Members of the Board of Directors of FARE

Tom Allenstein, RN,CMTE
Joan Black, CFRE
Reed Brozen, MD, FACEP
Cheryl Erler, KN, MS
Johnny Delgado, BA, EMT-P, CMTE
Kevin Hutton, MD, FACEP, CHC
Tom Judge, CCT-P
Mark Mennie
Connie Schneider Eastlee, RK, MS, CMTE
D. Gregory Powell, MD, FRCPC
Shirley Scholz. RN. CCRN, EMT-P
Dudley Smith, MSHPA, CMTE
J, Russell Spray
John Wish, PhD
Crag Yale, CMTE
Christine Zalar

本文へ

(HEM-Net、2007.2.13)

トップページへ戻る