新年ご挨拶

HEM-Net理事長 

國松 孝次

 

 ヘリコプター救急の重要性と必要性に関する国民各層の関心は、このところ、ようやく高まりをみせておりますが、国会においても、「救急医療用ヘリコプター」の整備の促進を図るための特別措置法案の審議が大詰めを迎え、近く成立の公算が強まっているという、うれしいニュースを聞き及んでいます。

 この特別措置法が成立すれば、新しい年は、文字通り、わが国ヘリコプター救急発展の歴史に残る画期的な年になるでありましょう。私どもは、わが国ヘリコプター救急の発展に、いささかの寄与をすべく、諸般のNPO活動を行ってまいりましたが、この機会に、調査研究と広報啓発の両面にわたり、一層活動のレベルアップを図って参りたいと考えております。

 皆様の益々のご支援とご指導をお願い致します。新しい年が、皆様にとって、輝かしい、希望に満ちた年となりますよう、心から、お祈り申し上げます。

(日本航空新聞2007年1月18日付掲載)

(HEM-Net、2007.1.19)

トップページへ戻る