<調査報告書>

15分以内の治療着手

 

第3章 米ヘリコプター救急体制の分析 

 前の章で見たようなアメリカのヘリコプター救急体制は、どのような救命効果をあげているのだろうか。ここではAAMSで入手した論文「ADAMSから測定した航空医療出動範囲と交通事故死亡率低下との相関関係」(Assessment of air medical coverage using the atlas and database of air medical services and correlations with reduced highway fatality rates)を借りて、まとめることとしたい。

1 プログラム数と拠点数

 アメリカのヘリコプター救急事業、もしくはプログラム数は、前章に示すとおり256であった。これらの救急サービスを提供しているのは病院、救急事業会社、ヘリコプター会社、あるいは警察、消防、さらに軍や沿岸警備隊である。

 こうした事業が使用する拠点数は1ヵ所とは限らない。複数の拠点を持つところもあるため、総数546ヵ所となる。また、これらの飛行基地に待機するヘリコプターも、1ヵ所に複数機を置いているところもあり、予備機も必要であるところから、機体総数は658機となる。

 すなわち、実働機に対して予備機は約2割である。アメリカの救急機は夜間も昼間と同様に飛行するため、予備機も相当な数が必要になると思われる。

 下の図3-1は、前章の表2-2に示す州ごとの拠点数を棒グラフに示したものである。各州の拠点数が多いか少ないか一目で分かる。最も多いのがカリフォルニア州で、テキサス州がそれに次ぐ。ただしカリフォルニア州は空港を拠点とするプログラムが多いのに対し、テキサスは病院拠点が多い。そして拠点数第3位がアリゾナ州の37ヵ所、4〜5位がフロリダ州とペンシルバニア州の各35ヵ所である。


図3-1 米国各州の拠点数

2 面積比と人口比

 第2章の図2-1に示したように、ある州はヘリコプターの救急拠点が密集しており、別の州はまばらである。これを数量的に表したのが本章末に掲げる表3-1左側の欄である。これは全米50州とワシントンDCの中で、救急ヘリコプターが10分間で飛べる地域の面積比を示している。

 たとえば救急ヘリコプターが10分、すなわち事故の発生または覚知から15分以内に駆けつけることのできる地域は、アラスカ州では1.5%しかない。逆にデラウェア州では98%に達する。他の48州は、この両極端の2つの州の中間にある。なおワシントンDCだけは、面積がせまいせいもあって、全域が100%カバーされている。

 こうした面積比を、大小の順に並べたのが下図3-2の棒グラフである。一例としてネバダ州の地図を挿入してあるが、救急ヘリコプターの飛行10分以内の地域は、州全体の6.5%に過ぎない。

 図3-2 各州の飛行10分範囲の面積比
(メリーランド州とデラウェア州が突出して高い)

 

 次に、もうひとつ重要な要件は、表3-1の右側の欄に示す人口比である。たとえば救急ヘリコプターが10分で飛んでこられる地域に住む人の割合は、ヴァーモント州が10%しかない。逆にメリーランド州とデラウェア州は98%になる。

 全米50州のうち13州は、人口比が50%以下である。つまり、これらの州では半分以上の人が、救急ヘリコプターの拠点から遠く離れたところに住んでいることになる。

 面白いことに、ネバダ州は先ほどの面積比では6.5%しかなかったが、人口比は91.4%にもなる。この州は大部分が砂漠や山岳地帯で、広大な空軍基地や軍事施設も多い。そのため人の住んでいない地域が広い。言い換えれば、ほとんどの人が一部のせまい地域に密集して住んでいて、その近くにヘリコプターの救急拠点が存在することになる。

 こうした人口比の順位を棒グラフによって示すと図3-3のようになる。ネバダの例に見るように、面積比とはかなり異なることが明らかである。

図3-3 各州の飛行10分地域の人口比
(ここでもメリーランド州とデラウェア州が突出して高い)

 以上により、表3-1最下段の合計欄に示すように、アメリカでは2004年10月現在、救急ヘリコプターが10分間で飛行できる範囲、すなわち事故の覚知から15分以内に飛んでこられる地域は、国土の2割以下――19.2%であった。しかしまた、人口の4分の3――74.8%の人は15分以内の地域に住んでいるのである。

 

表3-1 米国各州の救急飛行10分(治療開始15分)内の
面積と人口の比率

面積

飛行10分の面積比

人口

飛行10分の人口比

AK

600,523

1.49%

626,932

63.38%

AL

49,181

19.03%

4,447,100

46.59%

AR

50,078

23.31%

2,673,400

48.27%

AZ

107,778

29.13%

5,130,632

93.53%

CA

148,862

37.11%

33,871,648

91.15%

CO

97,943

14.96%

4,301,261

85.74%

CT

4,675

63.83%

3,405,565

63.80%

DC

62

100.00%

572,059

100.00%

DE

1,933

97.71%

783,600

97.85%

FL

53,749

57.95%

15,982,378

83.20%

GA

55,775

29.12%

8,186,453

65.79%

HI

6,374

20.14%

1,211,537

77.44%

IA

52,848

19.50%

2,926,324

44.66%

ID

78,380

10.91%

1,293,953

65.90%

IL

52,930

35.13%

12,419,293

81.98%

IN

34,221

47.62%

6,080,485

70.05%

KS

77,366

19.40%

2,688,418

66.97%

KY

37,991

49.08%

4,041,769

69.47%

LA

43,788

30.54%

4,468,976

72.35%

MA

7,677

53.55%

6,349,097

80.02%

MD

9,162

95.26%

5,296,486

97.84%

ME

30,265

13.58%

1,274,923

35.96%

MI

54,446

22.89%

9,938,444

41.15%

MN

79,640

19.97%

4,919,479

72.35%

MO

65,744

38.61%

5,595,211

78.23%

MS

45,290

16.83%

2,844,658

33.74%

MT

138,866

5.20%

902,195

42.80%

NC

46,359

33.60%

8,049,313

55.83%

ND

66,824

3.43%

642,200

27.83%

NE

72,647

18.13%

1,711,263

65.60%

NH

8,701

17.10%

1,235,786

26.19%

NJ

7,056

67.48%

8,414,350

80.35%

NM

115,369

11.25%

1,819,046

64.63%

NV

104,111

6.50%

1,998,257

91.39%

NY

45,624

40.65%

18,976,457

82.89%

OH

38,717

63.26%

11,353,140

85.34%

OK

66,165

18.56%

3,450,654

63.54%

OR

91,243

7.12%

3,421,399

56.95%

PA

42,619

77.35%

12,281,054

95.49%

RI

981

34.58%

1,048,319

12.02%

SC

29,272

22.38%

4,012,012

50.58%

SD

72,576

6.98%

754,844

42.94%

TN

39,762

48.74%

5,689,283

76.57%

TX

252,474

20.18%

20,851,820

74.12%

UT

79,835

7.52%

2,233,169

79.72%

VA

37,521

40.43%

7,078,515

77.64%

VT

9,026

11.88%

608,827

10.44%

WA

63,492

19.07%

5,894,121

78.04%

WI

52,744

25.62%

5,363,675

62.86%

WV

22,800

27.20%

1,808,344

49.55%

WY

91,894

2.09%

493,782

14.03%

合 計

3,443,357

19.20%

281,421,906

74.81%

トップページへ戻る